MENU

子供を産むかどうか会議

子供を作って約2,000万円の支出+1日のうちの大量の時間と体力と精神力を使うこと、さらに自分たちの一生分の資金3,000万円をくることの苦労ができるのか、を検討します。

親「子供は絶対産んだ方がいい。こちらはお金の支援はしないけども!」オレ「金出さないなら黙ってろ」

自分自身の経済的自立だけで精一杯 大学費用は用意しておきたい 終身労働を前提に子供を作ればいい 経済的に支援してもらえるなら子育てを考える 子供を作らなければ気楽に楽しく生きられる ふりだしに戻る 結論 自分自身の経済的自立だけで精一杯 親「子供…

「子供を産まなかったことを一生後悔するかもしれない」問題の解決

「子供を産まなかったことを一生後悔するかもしれない」という問題がある 子供が欲しい人が、子供を産まなかった場合、そのことを一生後悔して生きることになってしまう。それは不幸なので、望むならやった方がいいという考え方がある。 確かにその通りだと…

里親になることで子育てしたい願望と経済的自立を両立できる

これまでのあらすじ 純血主義を改めれば子育てと経済的自立を両立できる 里親について これまでのあらすじ 子供を作るのはやぶさかではないが、かかる費用を以下のように試算した結果、「子供を作った場合には経済的自立を諦めざるを得ない」ということがわ…

めちゃめちゃ胃が痛い

ここ最近は「仕事の負荷」と「子作りの検討とパートナーへの説明」で人生が持っていかれてる 「仕事の負荷」は相変わらず 「子作りの検討とパートナーへの説明」が新たな高負荷なタスク 客観的に状況を見るに子供を作るのは難しい 子供が欲しいと願うパート…

子供に見返りを求めると作るという結論になれない

前回の記事 spreadthec0ntents.com 子供自体の成長の結果ではなく、子育てのプロセス自体を「金を出してもやりたい」と思えないと子供を作るのは難しい 子供が親の望む通りに育ってくれれば、親が人生を犠牲にして育てた甲斐があったと思える。と、このよう…

かかる費用の概算から子供を産むことの大変さを考える

子供を産むかどうか改めて考えてみた 子供を産んでから大学卒業までにかかる費用の概算 費用の出典 養育費 教育費 幼児教育・保育の無償化 高等学校等就学支援金制度 お金を貯めて労働から解放されたい夢との両立は難しいとわかった 我が家にとって子供を育…