ここで自炊するのが大変な理由

 

WAVES日本橋浜町で自炊するのは大変

 ここで自炊するのが大変だ。そもそも自炊自体がある程度大変である。それに加えて、ここではさらに建物の構造上の要因で自炊に手間がかかる。

 

 本記事では、1年半以上住んだ筆者が感じた「ここで自炊するのが大変な理由」を紹介する。

 

自炊が大変になる理由

 

自室から食材を持って13・14階に上がるのが面倒くさいから

自分が自炊したいタイミングでキッチンや飲食スペースが使えるとは限らないから

キッチンの数が限られているため、調理をしたらまずキッチンを片付けてから飲食をする必要があるから

 

自室から食材を持って13・14階に上がるのが面倒くさいから

 waves日本橋浜町は冷蔵庫に入れて良いものは「一時置きするもの」と限定されている。*1

 

 なので、食材は自室の冷蔵庫で管理し、調理する際にそれを袋に詰めて13・14階に上がる必要がある。

 

 ただでさえ面倒くさい自炊に、waves日本橋浜町では以下の手間が追加される。

 

・自室で食材を袋に詰める

・一応共有部で不特定多数の人に会うので身嗜みを整える

・部屋を出る

・エレベーターを待つ

 

 上記をこなすのに10分近くはかかるのではないだろうか。

 

 フルタイムで働く人にとってこの手間の増加は厳しいと思う。なので私は1日のうち最大で2食しか自炊できず、近所のスーパーの弁当で食事を済ませることが多々ある。

 

*1 実際、このルールは徹底されているわけではなく、特に13階の冷蔵庫はいつもパンパンに物が詰まっているが。

 

f:id:spreadthec0ntents:20200927091923j:plain

共有部分の冷蔵庫はいつもパンパンに物が詰まっている。

 

自分が自炊したいタイミングでキッチンや飲食スペースが使えるとは限らないから

 上記のような過程を経て、ようやく13・14階に上がったものの、キッチンや飲食スペースが使えないことがある。特に昼食、夕食時は多くの住人が共有部分で調理をするので順番待ちをする必要が可能性が高い。

 

 また、調理をしている人たちの構成を見てキッチンが空くまでの時間が異なることを注意したい。

 

 調理をしている人たちは大別すると以下の通り。

 

・複数人で大規模な調理をしている人たち

・個々人で自分向けに調理をしている人たち

 

 前者を見かけたら最低30分はキッチンが空かないと考えて良いだろう。また、前者は調理後にキッチンを片付けて使える状態にしておいてくれるとは限らない。

 

 後者であれば15分程度でキッチンが空く場合が多い。こちらも調理後にキッチンを片付けて使える状態にしておいてくれるとは限らないが、その個人に指摘すれば片付けてもらえる場合がある。

 

 以上から、waves日本橋浜町では自分が自炊したいタイミングでキッチンや飲食スペースが使えるとは限らないので、自炊の手間はさらにかかると考えていいだろう。

 

f:id:spreadthec0ntents:20200927091710j:plain

調理後にキッチンを片付けてもらえないとこのようにキッチンが塞がる。

 

キッチンの数が限られているため、調理をしたらまずキッチンを片付けてから飲食をする必要があるから

 上記2つの手間を乗り越えて、ようやく調理ができてもすぐに料理にありつくことはできない。

 

 基本的にはキッチンの数が限られているので、次に使う人が使える状態にすることが好ましいので、片付けを行う必要がある。*2

 

 使った調理器具を洗って元の状態に戻してからやっと食事である。おそらく5分程度はかかると思う。なので5分間分料理が冷める。

 

*2 これは公式のハウスルールだったかは不明。とはいえ、仮にそんなルールがあっても取り締まる人間がいるわけではないので無意味だが。

 

まとめ

 waves日本橋浜町で自炊を行うには、一人暮らしのマンション等に比べて手間がかかることがわかっていただけたと思う。

 

 なので、waves日本橋浜町に住むにあたって、「家賃が割高なので、自炊で食費を切り詰めよう」とか、「キッチン設備が充実しているから自炊しよう」と入居後に自炊を積極的にやっていこうと考えている人は、もう一度「本当に自炊できるか」をこの記事の内容を踏まえて考えた方が良いと思う。

 

 ちなみに筆者は自炊派だが、数々のテクニックを使ってwaves日本橋浜町でなるべく自炊ができるようにしている。そのテクニックについては別の記事にて紹介する予定である。