共有ラウンジがあるマンションとの違い

共有ラウンジがあるマンションとの違い

 マンションには共有ラウンジなるものがあり、居住者同士の交流に利用できる物件もある。そういった物件とソーシャルアパートメントであるWAVES日本橋浜町の違いはなんだろうか。

 それは、かならず共有部に行かなければならないことだろう。

 マンションの共有ラウンジであれば、「交流したいときに共有ラウンジを利用する」ということができる。しかし、WAVES日本橋浜町は個室にキッチンと洗濯機がないので、自炊する場合と洗濯の際にはかならず共有部に行かなければならない。

 

居住人数に対して共有部の設備は十分とは言えない

 しかし、WAVES日本橋浜町は約50人という住人数に対して、キッチン4ヶ所、洗濯機4ヶ所とずいぶん少ない。10人に1つ以下しか設備がない。

 もちろん、全住人が自炊をするわけではない。約2年間WAVES日本橋浜町に住んでいるが、1度も共有部で自炊していない人などたくさんいる。なので、時間帯さえ外せば混雑して使えないことは少ないが、、

 また、飲食スペースも全居住者数分あるわけではない。13階で8人がけテーブル(分離可)と2人がけテーブルが2つ、カウンターに4席、テレビ前に3人がけソファーがあり、計19席。14階の屋内は3人がけソファー1つと1人がけのソファーが2つ、2人がけのテーブルが1つの計7席。13階と14階を合わせても26席だ。席数だけで言えば、全10人の約2人に1席程度あるが、知らない人と対面で飲食することは難しいので実際には気兼ねなく利用できる席数はずっと少なくなる。

50人全員と友達になることは難しい

 全住人と知り合いもしくは友達になれば共有部の狭さも苦にならないか?

 確かにそれができれば苦にならないかもしれない。が、現実的に考えてそれは難しいだろう。

 現在はコロナという状況もあり、公式的に共有部への長期滞在も大人数でのパーティーは推奨されていない。なので、交流の場が少ない。

 さらに、建物の構造上、共有部には「あえて行こうとしなければ行かない設計」になっているので、食事は買い食いメインの住民はわざわざ共有部にこない。なので、遭遇する住民はほんの一部の住人になる。なので、50人全員と友達になる必要はなさそう。もちろんなれたら、どんなに共有部が混雑していようが助け舟を出してもらえる可能性があるので良いと思うが。

 ならば、共有部に頻繁に出入りする住人と仲良くなれば良いか。その通りだと思う。もしその一部の住人と気が合えば、それが成立するだろう。運が良ければそれができる。

まとめ

 上記を踏まえると、入居する前に自分のWAVES日本橋浜町でのライフスタイルを考えておくと良い。もし、自炊メインのライフスタイルをしたければ、共有部によく集まる住民がどんな人か内覧時にできるだけ把握できるように努めるべきだろう。

 でなければ高い家賃と不便な生活があなたを後悔させることになる。