明日死ぬとしても今やってることを続けるのか

明日死ぬとしても今やってることを続けるのか

 自分が好きなことだけは続けると思う。

 

 あと、貯めてたお金も全部使ってしまおう。とはいえ、生活費以外に使う当てはほとんどないから、全部使うのは苦労するだろう。

 

 好きなことは、「自分が成長すること」だから、金で解決できるものは多くない。ほとんどの場合において、これに必要なのは時間だから。

 

 だから、きっと明日死ぬとしても、朝から家でプログラム書いて、ギターの練習して、夜になったらジムでスパーリングをやって終わりだろう。スパーリングの時だけはプロ選手に喧嘩売って思いっきりやられてみようかな。どうせ明日死ぬんだし。

 

明日も生きてたとしたらまずいから現状を維持する

 自分が好きなことをやってられないのは、明日も生きてたらまずいから。明日も生きてたら、そのために必要なお金を手に入れる必要があるからだ。そしてそれを繰り返す。

 

 いつまで生きてても自分が好きなことを続けられるお金があれば、問題は解決する。

 

 でもそのお金を集め切るまでの道は、まだ遠い。まだ目標の1割も集められてない。

 

 自分から死のうとしない限りは明日も生きてるし、生きてると必要なものがあるから、それは手に入れないとね。