スーパーで食料品の買い物が下手な人は冷蔵庫の中身と買い物のゴールが見えていない

 

彼女はスーパーで食料品の買い物がヘタクソ

 彼女が買い物に行くと、「今使わないもの」を「安かったから」という理由だけで買ってきたり、「今晩使うもの」を買ってこなかったりする。彼女は買い物がヘタクソなのである。

 

不要なものを買う、あるいは、買うべきものが買えてない

 彼女がスーパーで買い物をする時は、「子供のお使い」のように買うべきものを指示して買ってこさせると言うものではない。彼女が食べたいもの、欲しいものを自由に買ってきてもらうようにしている。

 

 しかし、買い物から帰ってきて、買ったものを確かめてみると、「不要なもの」がたくさんあったり、「買うべきだったもの」を買ってなかったりする。

 

買い物がヘタクソな人ほど「たくさん入るから」という理由だけで大きな冷蔵庫を欲しがる

 ちなみに我が家の冷蔵庫は、成人2人で138Lの冷蔵庫を使っている。

 

138L パーソナル冷蔵庫 NR-B14AW 商品概要 | 冷蔵庫 | Panasonic

 

 人によっては、一人暮らし用のサイズに見えてしまうかもしれないが、二人分でも十分な容量である。

 

 彼女はこれを「小さすぎる」と不満に思っている。

 

 しかし、現在暮らしている場所からスーパーまで徒歩5分ちょっとである。ものを買い込む必要などそもそもない。3日先までに必要なものが入っていれば十分だと考えて、この冷蔵庫を使っている。

 

 大きな冷蔵庫は不用品を買い込んで中で腐らせる危険もあるし、何よりランニングコストが大きくなるのがデメリットである。

 

 彼女のように「買い物初心者」は大きな冷蔵庫を買ってしまっては、冷蔵庫を「食材の墓場」にしてしまうことは間違い無いだろう。

 

 筆者の母も、祖母も冷蔵庫の中でよくものを腐らせていた。そしていずれも冷蔵庫は巨大なものを使っていた。

 

原因は冷蔵庫の中身と買い物のゴールが見えていないこと

 「不要なものを買う、あるいは、買うべきものが買えてない」ことの原因は、買い物に行く前に冷蔵庫の中身をみていないことと、「なんのためにそれを買うのか」というゴールが見えていないからだと考えている。

 

 買い物に行く前に冷蔵庫の中身を見ていれば、既にあるものを買ってきたりしない。さらに、今冷蔵庫の中にあるものとの組み合わせで買い物のゴールを考えることもできる。例えば、冷蔵庫の中に豚肉があったら、「野菜炒めパック」を買ってくれば、よりおいしい野菜炒めができる、などと発想できる。

 

 また、「買い物のゴール」が見えていれば、使わないものを買うことはない。詰まるところ、素材単品を見て買うかどうかの判断をしているから使わないものを買ってしまうのである。「なんのためにそれを買うのか」と目的意識を持てば使わないものを買うことはない。

 

 さらに、「安いから」という理由で買ってしまうものも結局、使わないものになってしまいがちである。これは本当に愚かしいことだ。「安い」と言うのは買う理由にならないのである。必要だから買う。ものを買う理由はこれ以外にはない。「特に使う当てはないけれども、安かったから買った」では、冷蔵庫のスペースは食うし、無駄なお金も払うことになる。これも、買い物のゴールが見えていれば買うはずもないことだが。

 

改善案

この記事で書いたことを説明する

 現実的ではない。人は自分の欠点を説明されると反発するものである。無駄な反発に付き合うのはしんどい。

 

彼女を買い物に行かせない

 これがいい。彼女が彼女の財布だけを痛めて無駄遣いするのは問題ない。財布が無駄遣いでボロボロになって、筆者に相談に来るようなことがあれば改めてこの記事の内容を説明してあげるとする。

 

大きな冷蔵庫を買わない

 物理的にものが入らないとわかれば、仮に無駄遣いをしてもその量は少なくなる。被害を最小限に抑えることができるのである。