『遊戯王OCGデュエルモンスターズ 25th ANNIVERSARY ULTIMATE KAIBA SET』を転売目的で買うのはアリか考える

予告通り完全受注生産にて販売受付が開始される

 追加生産分はちゃんと買えると良いな。

spreadthec0ntents.com

f:id:spreadthec0ntents:20210919105238p:plain

「海馬セット」なる限定商品が発売されるというニュースを見た

 遊戯王といえば、価格の高騰である。そんな遊戯王の限定商品といえば、「投資として旨みがあるのか?」と言った視点で見てしまう。

 そこで「海馬セット」の転売が投資として旨みがあるのか、考えてみた。 

 

ULTIMATE KAIBA SET

公式販売ページ

www.konamistyle.jp

商品について(公式販売ページより)

・価格は、33,000 円(税込) と配送料は1,100円(税込)で、34,100円(税込)。

・初回分が売り切れた後は受注生産になる。

・サイズは、本体外寸:約W502mm×D380mm×H120mm(本体80/蓋40) ※取手・底凸を除く


・本体重量は約7kg。

 

34,100円(税込) が10年で2倍に高騰した場合の利回りは米国株インデックスに勝てるか

 「海馬セット」の転売で、何年スパンでどのくらいの利益を狙うかによって見積もりは変わる。

 「海馬セット」は再販もあるので、すぐに価格が高騰することはないように思う。とりあえず、10年後に2倍になった場合で考えて、今筆者がやっている米国株インデックスよりも利回りがいいかを考える。

 

34,100円(税込)が7%で10年複利で回った場合

 米国株インデックスだと10年後には、67,080円(税抜き)になる。約2倍。

 ただし、株式投資はコンスタントに年利7%がつくわけでもないし、10年後のタイミングで売却した場合に元本割れしている可能性もある。これはあくまで平均利回りでの試算である。

 さらに株式は、これから配当にかかる税率が変更されるかもしれないのと、所得に応じた配当控除もあるので、税はその時の状況によって変わるので10年後の金額の算出が難しい。

 とはいえ、つみたてNISA口座を使えば株式の取引にかかる税金がかからないようにできるので、とりあえず税抜きの試算でおkとする。

f:id:spreadthec0ntents:20210919102614p:plain

 上記から、10年も寝かせるなら「海馬セット」に手は出したくないと思う。

 将来的な「海馬セット」の値段の上昇より、世界経済やアメリカ経済の成長の方が信頼できるし。


海馬セットの保管にかかるコスト

 こんなデカくて重い商品は、他の遊戯王カードと違って保管にかかるコストは無視できない。

f:id:spreadthec0ntents:20210919105316p:plain

・海馬セットの面積:約50cm*約38cm=1900平方cm=0.19㎡

・海馬セットの重さ:約7kg

・海馬セットの邪魔さ:結構邪魔

 

 今住んでいる家の1㎡あたりの家賃 *「海馬セット」の面積(0.19㎡)で「海馬セット」の月額の保管費用がわかる。それが売るまでかかると考える。

 しかし、約7kgとは重たい。。長期になればなるほど保管が大変そう。

 あと、将来的には「海馬セット」を転売するのだから、綺麗に保管しないといけない。そこに神経を使うのはしんどそう。

 

海馬セットは転売目的の投資としてはまずい案件

 以下の理由から、「海馬セット」の転売は投資には値しないと思う。欲しい人が「消費」を目的に買うのがいいと思う。

理由

・利回りが読めないが、10年で2倍になると見積もると他の投資と比べた場合に、とりわけ旨みがあるわけではない。

・再販もあるので短期での値上がりが期待できない。

・商品のサイズが大きくて重たいので保管コストが高い。

 

条件が悪いので逆張りはありかもしれない

 上記のように考えれば、「海馬セット」を投資として買うのはうまくない。

 しかし、うまくない投資だからこそ、投資として手を出す人が少ないはずなので、長期保有で値段がはねるかもしれない。そこにかける逆張りはありかもしれない。

 

 

 ただし、昨今は転売は珍しい行為ではなくなり、そんな逆張り勢もたくさんいる可能性もあるので、果たして儲かるのかは疑問。。

 

海馬セットの転売よりいい投資

 「海馬セット」の転売価格が10年で2倍になるという想定での話。

米国株インデックス投資

 10年程度の時間がかけられるなら、米国のS&P500などの指数に連動したインデックス投資も選択肢に入ると思う。これは投資信託でもETFでもどちらでもいいと思う。毎年配当が欲しいならETF、年々含み益を拡大させて必要な時に取り崩すなら投資信託を選ぶ。

 詳しくは以下の動画で。

www.youtube.com

 以下は、『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』のファンド設立からのパフォーマンス。

 始めるタイミングによって利益は違うが、今のところ含み益はでかい。

f:id:spreadthec0ntents:20210920110201p:plain

日本の高配当株投資

 10年という長期保有ができるなら日本の高配当株への投資もいいと思う。

 詳しくは以下の動画で。

www.youtube.com

株式投資には税がかかるので回避する方法を忘れずに

 普通に株式投資をして利益を出すと、日本株ならそれに対して20%、外国株なら30%の金額が課税される。

 それらを防ぐためには以下の口座や控除申請を行う必要がある。

NISA口座

www.youtube.com

その他控除等

www.youtube.com

www.youtube.com