デバッグするときの問題に対する2つのアプローチ方法

問題解決能力はビジネスの必須スキル!解決までの3ステップ | Urumo!

デバッグするときの2つの問題に対するアプローチ方法

 起きているバグの原因がすぐにわかることばかりではない。

 バグの原因を探すのは難しい。闇雲にコードを読んでいても時間ばかりかかってしまう。

 そんなときに、バグが起きている箇所(問題)に対する2つのアプローチ方法を教えてもらったので、ここにメモする。

 

「問題のある状況」と「問題のない状況」の差分を埋めていく

 「バグが起きている状況」と「正常に動作している状況」を並べて、その差分からバグの可能性がある場所を探す方法。

 コードを通過するデータがおかしい場合などはこの方法で見つけやすい。

 

時系列で物事を並べたときにどこまで問題がなくて、どこから問題があるのかというのを確認する

 コードを実行して、問題が発生するタイミングを特定する方法。

 この時、コードの実行ログをさらに詳細にするためにコードの中にログ出力設定を仕込むと良い。