『遊戯王OCG BATTLE OF CHAOS』を転売目的で買うのはアリか考える

遊戯王OCG BATTLE OF CHAOS』について

遊戯王OCG デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOS
基本パック
遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOSバトル・オブ・カオス
2021年10月16日(土)
165円 (本体価格 150円)
  • 1パック:5枚入り
  • 1ボックス:30パック入り
  • カード種類:全80種
    [ ウルトラレア ・・・ 8種 / スーパーレア ・・・ 10種 / レア ・・・ 18種 / ノーマル ・・・ 44種 ]
  •  
  • ※1ボックスで80種類全部は揃いません。
  • ウルトラレアカードにはアルティメットレア仕様も存在します。
  • ※スーパーレア・ウルトラレアカードにはシークレットレア仕様、およびプリズマティックシークレットレア仕様も存在します。
  • ※80種類中1種類のカードにホログラフィックレア仕様も存在します。
  • ※商品の仕様は変更になる場合があります。

www.yugioh-card.com

転売状況

 転売価格は執筆時点(2021/10/07)のもの。

 定価は、1BOXが150円*30パックなので、¥4,500(税抜き)。

 現状の転売価格は、約1.7倍。

amazon

 ¥7,000

 

楽天市場

 ¥7,840

search.rakuten.co.jp

プラスワンパックの存在が価格を高騰させる可能性が高い

初回生産版のボックスには「+1ボーナスパック」を同梱!

 初回生産限定のパックを狙って、初回分だけ価格が高騰する可能性がある。

 なので、発売日の買い占め戦線は白熱するだろう。

 

ブラックマジシャンキャンペーンの応募券がついていることも高騰要素

「ブラック・マジシャン ウルトラレア SPECIAL ILLUST Ver.」GETキャンペーン | おしらせ | 遊戯王OCG デュエルモンスターズ

 

 ブラックマジシャンの攻撃力分の人数に、新規イラストのブラックマジシャンが当たるキャンペーンをやるらしい。その応募券が本商品には付いてくる。

 同様のカードが今後配られることはあるらしいが、これもキャンペーンの都合上、初回生産版でしか応募できないので、これも転売価格の高騰要素と言えるだろう。

 

初回生産版なら転売価格が高騰しそうだが再生産版は高騰しないだろう

 なので、転売狙いなら初回生産版以外は狙わなくていいと思う。

 

遊戯王ポケモンカードと比べると転売価格がやや大人しい

 おそらく遊戯王のファン構成がプレイヤーに寄っているからではないかと考えている。

 また、商品の生産数もプレイヤー人口に対してポケモンカードよりは多いのだろう。

 

結論:初回生産版ならアリかもしれない

 遊戯王のカードの価値はディープなプレイヤーでないと見出せない場合があるので、価値を見極めにくいところがあるので、「海馬セット」のようにわかりやすいもの以外は判断が難しいところがある。

 今回は初回生産版にしか封入されない特典があるので、「アリかもしれない」とした。