MENU

円安になると『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の基準評価額は上がる

株のイラスト「グラフを見るトレーダー」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

連日円安が進んでいる

 2022/04/20の9:00時点で「129.24」。

 2022年3月中頃から約10円安くなっている。

 そんで持ってこの流れは続き、円はドルに対してどんどん安くなる。らしい。

米ドル/円(ドル円):時系列/推移|為替レート/FX | 投資の森

 

参考

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

米国の金融引き締めの予定を織り込んでいても『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の基準評価額は上がっている

 2022年は米国政府による利上げが予定されており、市場はそれを織り込み済みなので、株式のパフォーマンスは落ちることが予想されている。

 『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の基準評価額は、ドルで買ってきた米国株の時価を円で示しているので、仮に米国株のパフォーマンスが落ちても、最終的に円換算すると円安なので基準評価額が上がってしまう。

 なので、円安の今、基準評価額だけで米国株のパフォーマンスを確認することは難しい。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)【03311187】:詳細情報:投資信託 - Yahoo!ファイナンス

 

参考

www.youtube.com

今は黙って積み立てる

 「円安の今は『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』への積み立てを待った方がいい」

 「2022年度の米政府による利上げが全て済んだら底値で『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』を大量に買いたい」

 そんな欲望が頭をよぎるかもしれない。まったく強欲である。

 しかし、普通に考えればドル円相場が今後どうなるかなんて誰にもわからないし、米国の景気が利上げなどものともせずに高パフォーマンスを出すかもしれない。

 そんなことは誰にもわからない。未来は誰にもわからないのである。

 ならば今は黙って積み立てを続けるべし。

 積み立て開始を検討している人も黙って積み立て始めるべし。

 

参考

www.youtube.com

余剰資金があったらFOMCの会合後に入れる予定でいる

 すでに証券口座に設定してある毎月の積立額は、円安だろうと米政府による利上げがあろうと変更はしない。一定額を入れ続ける。

 臨時収入等で入ったお金は、今後予定されている米国の利上げ後に入れようと考えている。余剰資金は大した額ではないが、これを投入するタイミングを測ることで、なんとなく投資家気分になれる。今は投資家気分を楽しめているのでぜひやってみる。

 S&P500の指数は引き続き以下のLINEbotで監視する。

spreadthec0ntents.com