MENU

「パワー・コズミック」シーズンの『ダイヤモンド』ランクに突入

 

 

当ブログは『シーズンパス』を求めています

概要

spreadthec0ntents.com

宛先

宛先のメールアドレス:

spreadthec0ntents@gmail.com

www.amazon.co.jp

 

使っているデッキ

 「モラグ」のロケーションがよく出てくる(気がする)今はこのデッキが強いと思われる。

spreadthec0ntents.com

所感

「スクレイルガール」の優秀さに気づいた

 

序盤に先攻が取れる

 1~3ターン目くらいに「スクレイルガール」を出せると、各ロケーションにパワーを+1できる。

 これによってパワー有利な状態のロケーションの数はこちらが多くなるので、パワーの状況が覆るまではこちらが「先攻」を取れる。

 「先攻」が取れることにより、「コスモ」で相手の公開効果を先に潰すことができる。

 自分のデッキが「先攻」有利なカードを使っている場合は、「スクレイルガール」は優秀なカード。

 「スクレイルガール」を出すだけで、序盤に限り、そう簡単にはパワー有利な状況は覆らない。

 先攻をとっておくと、「ウォン」が展開されたら、相手の公開カードがめくられる前に、「コスモ」を刺せる。

 

先攻後攻の仕組みがわからない人へ

 以下に、このゲームにおける「先攻後攻のしくみ」をはじめ、各種Tipsをまとめています。

spreadthec0ntents.com

 

「キルモンガー」を誘い出せる

 「スクレイルガール」を出しておくと、相手が序盤のパワー有利な状況を覆したかったり、「なんとなく」で「キルモンガー」を出してくることがある。

 こちらの本命は「デブリー」や「ウルトロン」なので、1枚しかない「キルモンガー」を「スクレイルガール」に使ってくれるのはありがたい。

 

パトリオット」入りのデッキが多い

 わかりますよ、「パトリオット」の効果は単純で使いやすく、そして強い。

 ゆえに、今多くの人が「パトリオット」デッキを使っていると思われる。

 こういう環境だと、こちらが「デブリー」を出すと相手の「パトリオット」の強化対象が増えることになってしまい、使いにくい。

 これでは敵に塩を送ってしまうことになる。

 

振り返り

「ダーク・ディメンション」に永続効果カードを隠す

 順調にいけば、以下のように強化カードが場に揃う。

  • 3ターン目:「パトリオット」=> パワー+2
  • 4ターン目:「カイザー」=> パワー+1
  • 5ターン目:「ブルーマーベル」=> パワー+1
  • 6ターン目:「ウルトロン」=> 2ロケーションに最大+5 x 空き

 相手からすると、5ターン目までにこれらの強化カードが出揃うと、6ターン目の状況を予想しやすい。

 なので、せっかくこちらのカードの引きが良くても「撤退」されてしまうことが多々ある。

 「ダーク・ディメンション」のロケーションが出ていれば、「自分の順調さ」を隠すことができる。

 こうやって隠す。。

 相手はゲーム終了時にたまげることになる。

 

「デス」入り破壊デッキの火力に負ける

 そもそも破壊デッキは「キルモンガー」が入ってるから嫌だけども、「デス」の火力が高くて普通に嫌だ。

 このデッキには、こちらの引きが良くても火力負けしやすい印象。

 

オンスロート」や「スペクトラム」入りの永続デッキの火力も侮れない

 「クロウ」+「オンスロート」だけで制圧力が半端ない。

 「スペクトラム」は当然「プロフェッサーX」を強化できるので、ロケーション封鎖後も安心できない。

 

手札破棄デッキの最後っ屁も侮れない

 この盤面で、「ウルトロン」を出せば勝ちだと思い込んでスナップした。

 右のロケーションで、「ブレイド」が「アポカリプス」を破棄する。

 続いて、左のロケーションで「ジュビリー」が「ソードマスター」を呼んで、「アポカリプス」を破棄する。

 たくさん強化された「アポカリプス」を「ドラキュラ」が破棄して「モービウス」と共に鬼パワーになって、こちらの逆転負け。