MENU

豊かとは「不要なものがたくさんある状態」ではなく「必要なものがいつでも手に入る状態」である

おうち時間⑫|コープツーリスト住吉からのお知らせ|店舗ブログ|コープツーリスト

自分以外の人が語る「豊かさ」に違和感がある

身近な人の話

 たくさんの物に溢れた家にさらに物を押し込んで、日々その整理に勤しんでいる人がいる。なんとなく物を買って、その結果、部屋は物を溢れる。

 少しでも物が詰め込めるように効率的な収納グッズを買う。ようやく作り出せた隙間に置く物をさらに買ってくる。

 こんな「消せないテトリス」のようなことをやっている人がいる。

 母親である。

 本人としては「好きなものに囲まれる幸せ」と「いつ何時にどんな必要性が出てきても対応できる」という安心感があるらしい。

 「世の中お金の使い道がたくさんある。その中から自分の好きなものを選んでお金を使える。これが豊かである。」

 ソシャゲにたくさん課金して、そのように語る知り合いがいる。

誰かが言っている話

 「車は買わないといけない」、「家は買った方がいい」、「保険で安心を買わなければ」、「美味しい料理は買うべき」。買えない人は「豊かでない人」である。

 世の中の誰かが、こんなことを言っていて、特に自分の考えを持っていない人たちはそれを復唱する。

 「物を買わせたい思惑のある誰か」の声が、「自分で物を考えない人たち」に増幅されて耳に届いてくる。

他人が語る「豊かさ」に違和感を感じる

 違和感を感じたので「豊かさ」について考えてみた。

 

「豊か」とは「不要なものがたくさんある状態」ではない

 「不要なものがたくさんある状態」は「豊か」ではない。

 物は使う必要があるから買うのである。逆に言うと、必要性が満たされた時点で物は不要になる。

 「2回目はもう着る気がない服」、「読み終わった漫画」、「クリアしたゲーム」など、使う必要を満たした物は手元に置いておいても仕方ない。

 こういった「不要なもの」に囲まれている状態は「豊か」とは言えない。むしろ、片付けや手入れといった、「物を管理する手間」をかけないといけない分、時間、体力、時にはお金も使ってしまうので、リソース的には貧乏な状態になってしまう。

 

「豊か」とは「必要なものがいつでも手に入る状態」である

 「必要なものがいつでも手に入る状態」は「豊か」である。

 モノはそれぞれ必要になるタイミングがある。そして必要性が満たされたら今度は不要になる。

 なのでモノは必要な時に必要な分だけ手に入れて、不要になったら手放すというのが「モノの正しい取り扱い方」である。

 「豊か」であることは、つまり「モノの正しい取り扱い方」がちゃんとできる状態にあることだと思う。この状態とは以下のことを指している。

 

  1. 必要な時に必要なモノを手に入れるための手段を持っていること
  2. 必要なモノを手元に置けるスペースがあること
  3. モノの要不要を管理する時間的、精神的な余裕があること
  4. モノが不要になった場合に手放す手段を持っていること

 

 1については、例えば、モノを買えるだけのお金を持っていたり、物々交換をしてくれる人間関係を持っていたり、「どこで、いくらで売っているか」など、そのモノを手にれるための情報を持っていることを指す。

 これができているとモノを手に入れる際に「最適なコスト」で手に入れることができる。

 2については、自分の管理が行き届くスペースにモノを加える余裕があるか、と言うことである。例えば、物理的なモノであれば、それを置いておくスペースが必要であるし、サービスであれば自分が管理し切れる性質のものでなければならない。

 3については、「今自分が持っているモノが必要であるのか」と言うことを考える余裕があるか、と言うことである。これがなければ不要になったモノは溜まるばかりである。

 4については、1と逆のことをすることになるので、必要なリソースはやや重複する。あえて付け加えるなら、不要になったモノを手放すには体力的、時間的、精神的な余裕が必要なので、それか。メルカリに出品して、やり取りして、発送して、、なんてことは便利にはなっているがやはり面倒くさい。

「豊かさ」の正体を見誤る人は「豊か」になれない

 誰かが言っているからと、自分の頭で考えない人は「豊かさ」の正体を見誤る。

 「豊かさ」の正体を見誤れば、無駄に自分の「体力、時間、金」を使ってしまうことになり、「豊かさ」はより遠のいてしまう。