MENU

デッキ圧縮ウォン・ジュビリー公開効果パワーデッキ feat.エレクトロ ver.カードプール3

 

 

当ブログは『シーズンパス』を求めています

概要

spreadthec0ntents.com

宛先

宛先のメールアドレス:

spreadthec0ntents@gmail.com

www.amazon.co.jp

 

デッキ概要

 「ウォン」と「オーディン」を使って「ドゥーム」、「ホワイトタイガー」の効果を複数回発動させる高コストデッキ。

 盤面を如何に緑にできるかで勝敗が決まる。

 そんな楽しいデッキ。

 

元のデッキ

 以下のデッキからシナジーが薄いカードを削ったのが今回のデッキ。

spreadthec0ntents.com

「エレクトロ」でパワーカードの展開を速くできる

 「エレクトロ」を出した次のターンから、エネルギーを5も使えるのでパワーカードが速く展開できるようになる。(3ターン目に出して4ターン目から4+1で5エネルギーが使える。)

 「エレクトロ」自体は公開効果発動後は不要なので、ロケーション効果で消しちゃってもいい。その方が「ドゥーム」や「ホワイトタイガー」の効果を活かしやすくなる。

 ロケーション効果とか、「オーディン」の再起動効果とかで、複数回「エレクトロ」の発動を発動できれば、エネルギーは青天井に増える。

 まぁ、「エレクトロ」の永続効果をなんとかしないと、この大量のエネルギーは使えないけども。

 エネルギー11は夢みたいな数。是非使いたいが、なかなかうまくはいかない。。


1、2ターン目は様子見

 「クイックシルバー」と「ドミノ」が手札に来ている状態だが、これはすぐに出してはいけない。

 これらが邪魔になって「ホワイトタイガー」と「ドゥーム」の効果が最大限発揮されない可能性があるから。

 

3、4ターン目に手札を見て戦略を立てる

 「エレクトロ」、「ウォン」、「ジュビリー」が手札に来ていればそれを中心に戦略を立てる。

 3ターン目に「エレクトロ」が出せていれば、4ターン目に5コス、5〜6ターン目に6コスを使うことができる。

 

5、6コストのカードは入れ替え可能

 「ドゥーム」、「オーディン」、「ホワイトタイガー」以外の5、6コストカードは自由に入れ替えていい。

 入れ替える時は上記の「メインプラン」が通らなかった時に力を発揮できるカードがいい。

 

メインプランで溜められる1ロケーションの最大パワーは28

 「ウォン」=>「ホワイトタイガー」or「ドゥーム」=>「オーディン」のメインプランで溜められるパワーは以下の通り。

 「ホワイトタイガー」の虎が4体集まると28。

 「ドゥーム」のロボが4体で20。

 

 「ダイナソー」を使うプランは1ロケーションであればもう少しパワーが出せるかもしれないが、このプランでは他2つのロケーションにパワーを溜めることができないので、勝つのは結構難しい。

 

意外と他のデッキに火力負けする

 このデッキの最大パワーは1ロケーションで28なので、これを超えるパワーを出してくるデッキには勝てない。

 例えば、「ヘラ」を使った手札破棄デッキや、「パトリオット」を使ったバニラデッキには割と火力負けする。

 

ロケーションを埋められると負ける

 お馴染みのロケーション効果で出てくる「リス」や「ラプトル」は当然きついし、似たようなことをやってくる「デブリー」もきつい。

 こちらのロケーションにゴミカードが出ると、それ1枚につき5〜7パワーの損失になる。

 「キルモンガー」は入っていないので、これらのゴミカードを掃除する手段もない。

 たった1枚で大損害を与えてくる「デブリー」は天敵。。