MENU

デッキ圧縮ウォン・ジュビリー公開効果パワーデッキ ver.カードプール3

 

 

当ブログは『シーズンパス』を求めています

概要

spreadthec0ntents.com

宛先

宛先のメールアドレス:

spreadthec0ntents@gmail.com

www.amazon.co.jp

 

「エレクトロ」を持っている場合は以下もオススメ

 このデッキよりも安定感がある。

spreadthec0ntents.com

 

1、2、6ターン目のドローを固定してデッキを圧縮する

 ゲーム中に必ず引きたいカードは「ウォン」と「ジュビリー」。

 それぞれをゲーム中に引ける確率は以下の通り。

 

  • 初手の2枚に入る確率:2/9 = 約22.2%
  • 3ターン目のドロー:約55.5%
  • 4ターン目のドロー:約66.6%
  • 5ターン目のドロー:約77.7%

 

 結構高い確率で引ける。

 

「ウォン」を展開して高コストの公開効果カードを使うのが勝ちパターン

 「ウォン」の効果で公開効果を2回発動させるようにする。

 ここに「ドゥーム」・「ジュビリー」・「ホワイトタイガー」を出せると盤面がだいぶ強化される。

 これを狙うのが勝ちパターン。

 「インフィノット」を「ジュビリー」で召喚できれば鬼火力が出せる。

 「ウォン」と「ドゥーム」を組み合わせれば「ドゥーム」を大量に増殖させられる。

 出てるカードがほとんど「ドゥーム」の「鬼ドゥーム状態」が決まるとなんともきもちいい。

 

「リーチ」で最終ターンの逆転手段を潰しておく

 こちらが勝ちパターンを作って6ターン目を迎えても、そこで逆転されるかもしれない。それを潰して安心して6ターン目を迎えるために「リーチ」があるといい。

 仮に「ジュビリー」で4ターン目に「リーチ」が引けてもそれはそれでおk。

 

「ウォン」と「ジュビリー」を展開するためにガラ空きのロケーションを作っておく

「ウォン」を出したい場合

 「ウォン」を出した場所以外のロケーションを空けておく。

 「ドゥーム」と「ホワイトタイガー」で別のロケーションにパワーカードを出したいので、別のロケーションを空けておく。

 

「ジュビリー」を出したい場合

 「ジュビリー」を出すロケーションを空けておく。

 「オーディン」で再起動させる可能性も考慮して、「ジュビリー」を出したロケーションには基本的には他のカードは出さなくていい。

 「ウォン」と「ガマル・タージ」を組み合わせると公開効果を4回も使えるが、ロケーションを埋めてしまうとその効果を十分に発揮できない。

 

「ビジョン」は「ジュビリー」に召喚された場合に詰まったロケーションから移動するためのカード

 「ジュビリー」で「ビジョン」を引いた場合、他のロケーションに気軽に移せるのがいい。

 1ロケーションだけ高パワーでもゲームに勝つことはできないので、こういう汎用的なカードはいい。

 

4ターン目までこちらが何もしないことが多いので「スナップ」を誘える

 「クイックシルバー」と「ダイス」が確定で手札にくるが、ロケーションが空いていれば空いているほど「ホワイトタイガー」と「ドゥーム」が活きるので、なるべくこれらは出したくない。

 なので、「ウォン」と「ジュビリー」を展開できる4ターン目までは動かないことが多いが、それを相手が「事故ってる?勝てるぜ!」と誤解してくれることが多い。

 これにより、盤面が整っていればキューブ8の勝負に持ち込むことを、こちらが選べるので、キューブ稼ぎには良い。

 

妨害系カードにはめっぽう弱い

「コスモ」・「グース」で「ウォン」を展開したロケーションを封鎖されたら終わり

 ロケーションにパワーを溜める方法が、「ウォン」や「ジュビリー」を利用して高コストの公開効果をたくさん発動することなので、これができないと負ける。

 「コスモ」・「グース」は少なくとも5ターン目以前に出てくるので、こちらの狙いを潰されたら「撤退」すればよし。

 最終ターンじゃなければ失うものは大きくない。

 

ドローを止めてくるカードもきつい

 「ウォン」か「ジュビリー」を4ターン目までに引けるかがこのデッキの要なので、それを邪魔するカードを使われるときつい。