MENU

アビリティなしパトリオットデッキ feat.ミスティーク

 

 

当ブログは『シーズンパス』を求めています

概要

spreadthec0ntents.com

宛先

宛先のメールアドレス:

spreadthec0ntents@gmail.com

www.amazon.co.jp

 

デッキの概要

 アビリティなしカードを展開して「パトリオット」と「ミスティーク」でパワー+4を狙うデッキ。

 「パトリオット」は、アビリティなしのカードがどのロケーションにいても効果の対象にできるので、使いやすい。

 「ミスティーク」は「パトリオット」の効果を倍にするために入っている。ゆえに「パトリオット」が引けないと使い物にならない。

 

デッキの強み

アビリティなしのカードは単純にパワーが高い

 アビリティなしのカードは、アビリティがないが故にパワーが高く設定されているので、普通にこれらのカードを展開するだけでパワーを溜められる。

 仮に「パトリオット」が引けなくても、これらの高パワーカードを展開しているだけで勝てたりする。

 

相手のカードを警戒する必要があまりない

 こちらがやることは、「カードを出して、それを強化する」だけ。

 相手が妨害効果を持つカードを使ってきても、こちらはほとんどの場合、致命的なことにはならない。

 「コスモ」や「リーチ」は効果自体がないカードを多用しているので気にしなくていい。

 「リス」と「ドゥーム」は「プレイできない」ロケーションにもカードを追加することができるので、「ストーム」や「スパイダーマン」にロケーションを封鎖されてもへっちゃら。

 

運用

 特に相手の動きを読むとか、コンボを組み立てるとか、難しいことはやらなくていいデッキなので、気をつけることはそんなに多くはない。

 

パワーの高いカードを1箇所に集めない

 パワーが高いカードを1箇所に集めると「シャンチー」を出された時に一網打尽にされてしまう。

 パワー9以上のカードは複数のロケーションに分散させること。

 

パトリオット」と「ミスティーク」も1箇所に集めない

 こちらも1箇所に集めると「エンチャントレス」の効果で一網打尽にされてしまう。

 「ミスティーク」はコピー元の「パトリオット」がどのロケーションにいようが発動してくれるので問題なし。

 

パトリオット」=>「ミスティーク」の順に展開すること

 忘れがち。

 こうしないと「ミスティーク」で「パトリオット」の効果をコピーできない。

 

パトリオット」がくるまではスナップしない

 アビリティなしのカードのパワーが高いとはいえ、「パトリオット」なしでは最終ターンの火力の出し合いには勝ちにくい。

 なのでスナップするなら「パトリオット」がきてから出ないと安心できない。

 

カスタム案

「ミスティーク」が腐らないようにする

 さすがにたった1枚の「パトリオット」が来ないとゴミになるのはあまりに不憫なので、シナジーを得られるカードを入れたい。時もあるだろう。

 

展開するカードが多いので「ブルーマーベル」の効果と相性がいい

 全体に効果が載るし、「シニスター」を初め、アビリティなしカードを追加する効果のカードにもパワーアップ効果を載せられるのは嬉しい。+1たけど数も多いので嬉しい。

 

キャプテンアメリカ」でロケーション単体の制圧力を上げてもいい

 ロケーション単体のパワーをあげたいシーンが多いなら「キャプテンアメリカ」がいい。

 

使った感想

シニスターロンドン」と組み合わせると最大+8パワーできる

 そりゃ撤退しますわ。

 

火力負けすることは当然ある

 「インフィノット」を切った「ドラキュラ」が入ってるデッキは火力がやばい。

 あんまり見ないけども。

「岩」などのおじゃまカードも活用できる

 ただし「ヴィブラニウム」、てめーはだめだ。(「破壊されない」の効果があるから)

 

6ターン目に「ハルク」か「ドゥーム」かを選べる柔軟性がいい

 単体ロケーションを取れば勝てるなら「ハルク」。

 複数ロケーションでパワーを積む必要があるなら「ドゥーム」。

 これら2枚にもしっかり効果が載ってくれる嬉しさと安心感。

 

「リーチ」なんて怖くない

 もともと効果なんて持ってないので。。

 しかも5ターン目なら「パトリオット」も場に出ている可能性が高いし。

 

「ウルトロン」があるならこのデッキもオススメ

 今回紹介したデッキほど単純ではないけども、運用は似ているデッキ。

spreadthec0ntents.com