MENU

『モラグ』対応ロケーション封鎖型ウルトロンデッキ

 

当ブログは『シーズンパス』を求めています

spreadthec0ntents.com

デッキ概要

「ストーム」と「コスモ」で相手を妨害しつつ、アビリティなしの1コストカードを展開して、「パトリオット」、「カイザー」、「ブルーマーベル」でカードを強化するデッキ。

 

強み

「ストーム」の効果がこちらにだけ有利に働く

 このデッキには「ストーム」でプレイできなくなったロケーションにカードを追加する手段がたくさんある。

 ロケーションは「とりあえず」で封鎖しておいて、後から「リス」、「デブリー」、「ウルトロン」でカードを追加すれば良い。

 これらの追加した1コストカードは、後で他のカードで強化していく。

 

「コスモ」は相手にだけ有害になる

 こちらのデッキの公開効果持ちのカードは「ウルトロン」だけなので、こちらは「コスモ」のデメリットをほとんど受けない。

 むしろ、「コスモ」は「エンチャントレス」や「ローグ」からこちらの永続カードを守れるので心強い守り神になる。

 早期に「コスモ」を展開できれば、こちらが有利にゲームを進められる。

 

注目ロケーション「モラグ」に対応している

 「モラグ」のロケーションにはカードを出しにくいが、こちらのデッキは「カードが出せない」、または、「カードを出しにくい」効果のロケーションにカードを追加する手段に富んでいるので、こういったロケーションが不利になりにくい。

 

盤面に合わせて6ターン目の行動が選べる

 ドローや「キルモンガー」によって1コストカードが展開できなかったら「ウルトロン」で補充する。

 「スクレイルガール」や「デブリー」などで場が既に1コストカードで満たされていれば「オンスロート」で「カイザー」、「パトリオット」、「ブルーマーベル」の効果を倍にする。

 盤面によって6ターン目に出すカードを選べるのはとても良い。

 

運用

1ターン目

 1コストのカードを展開する。

 

2ターン目

 さらにカードを展開する。2コストの「ショッカー」も出していい。

 展開する場所はどこでもいいが、「オンスロート」が手札にある時は、最終的に「オンスロート」と強化系の永続効果カードを1~2枚を同じロケーションに出したいので、出し方に気をつける。

 

3ターン目

 「ストーム」か「コスモ」がある場合はこれらを優先して出す。

 「パトリオット」はこのタイミングで出すと「エンチャントレス」や「ローグ」に無効化される可能性があるので、他に出せるカードがあるならそっちを出す。

 手札に1コストを強化するカードがあったら、このタイミングで「デブリー」を出して「岩」を追加するのもいい。相手のロケーションの枠はなるべく早く潰した方が、相手のその後の選択肢を少なくできる。

 

4ターン目

 「カイザー」の効果は無効化されてしまったとしても、致命的ではないのでこのタイミングで雑に出してよし。

 ただし、出す場所は「オンスロート」と一緒になれる場所にしておく。

 

5ターン目

 「コスモ」で守ってあったり、相手のロケーションが埋まっている場所に「パトリオット」を出したい。

 

6ターン目

 引きが悪かったり、「キルモンガー」などで盤面に1コストカードが少ないなら「ウルトロン」。

 1コストカードがたくさんある状態なら「オンスロート」を出す。

 

大事なことなので2回書きます

 いいですか?落ち着いて聞いてください。

spreadthec0ntents.com