無能のモチベーション管理術

無能が褒められることはない

 だって無能なんだもの。

 ただし、無能に対しては誰も期待していないので、仕事がうまくいったときはもしかしたら褒められるかもしれない。しかし、そんなことは本人自身も期待してはいけない。うまくいかないから無能なんだもの。

無能とはいえ褒められたい

 いくら無能とはいえ、MAX60点くらいの仕事でも褒めてもらいたい。じゃないとモチベーションも上がらない。(もちろん、モチベーションを上げすぎて「やる気のある無能」になってはならないので注意)

 せめて、日々の仕事を続けられるだけのモチベーションは保ちたい。

無能は自分で「できたこと」と「できなかったこと」を評価していく必要がある

 無能を褒めてくれる人はいないので、無能は自分で自分を褒めてやる必要がある。

 ただし、褒めるにも「よくできたな」、「よくがんばったな」などと根拠のない褒め方をしても意味はない。虚しいだけである。

 褒めるにも根拠が欲しいので、その根拠となるように「できたこと」と「できなかったこと」をメモにでも書いておき、定期的に振り返ってみよう。項目はどんな小さなことでもいい。

 「できたこと」が1つでもあればよくやった、「できなかったこと」が3個以下ならよくやった。このくらいの評価で行こう。

 よくやったら祝杯でも上げよう。

良い無能ライフを!

 無能であることは変えられない。

 だったら無能としていい人生を送れるようにしよう!

 全ての無能に幸あれ!