MENU

子供に見返りを求めると作るという結論になれない

前回の記事

spreadthec0ntents.com

 

子供自体の成長の結果ではなく、子育てのプロセス自体を「金を出してもやりたい」と思えないと子供を作るのは難しい

 子供が親の望む通りに育ってくれれば、親が人生を犠牲にして育てた甲斐があったと思える。と、このように考えると親は幸せにはなれない。子供は親の望むようになど育たないからだ。

 なので、親の考え方としては、子供自体の成長の結果ではなく、子育てのプロセス自体を「金を出してもやりたい」と思う必要があるかもしれない。

 ただしそうなると、親はやりたいことを子供のために我慢し、時に自分がいっぱいいっぱいの時に子供がかけてくるストレスでオーバーヒートするような辛い目にあっても、それも込みで「子供を育てているプロセスに幸せを感じる」という気持ちでいなければ破綻する。苦労も込みで子育てなんだろうから。

 

子供(人間)の飼育も犬や猫の飼育に見返りを求めないのと同じ気持ちでやる必要がある

 犬や猫などの愛玩動物を飼育する時に、それらが育った後に、育てた側にどんなメリットがあるか期待する人はおそらくいない。それは飼育するプロセス自体を楽しむためにお金をかけることを良しとしているからだ。

 これは子供も同じように見ないと、子育てには入れない。

 「子供が将来自分を経済的、精神的に助けてくれるだろうから作る」などと投資のように考えては、子育てはペイしないだろう。むしろそんなに時間をかけられるならその費用2,500万円を株式のインデックス投資に使ってみればいい。経済的にはより確実なリターンが期待できる。

 

子供がいなかったら実現できた夢見た未来を潰してまで子供を作る理由はなんだろうか

 そんなものはないと思う。

 ないから子供を作るなら個々人があえて理由を見つける必要がある。

 夢見た未来を潰すその理由を。